2016
03.27

お部屋に観葉植物を置いて、プチ模様替え(グリーン新着情報第2弾)

こんにちは。

今回は、
珍しい植物だけれど
不思議とお部屋とマッチするような
観葉植物をご紹介いたします。

エスキナンサス ヤフロレピス
赤い花がたくさん咲いているこちらの植物は、
エスキナンサス ヤフロレピスという
品種の観葉植物です。
ボリュームがあり葉っぱが下の方へ
垂れ下がっているので、
お部屋の中でも
異彩を放つように感じられるかもしれませんが、
写真のように、
カーテンの近くにあるのが自然に見えたり、
不思議と空間に溶け込んでしまいます。

育て方は、明るい場所を好み、
冬場は水をやらず

10℃以上の暖かい室内で育てます。
それ以外は、
鉢土の表面が乾いたら
たっぷり水をあげるようにするだけと
比較的育てやすい観葉植物です。


ドラセナ トルネード
写真左の
竜巻のようにねじれた雰囲気の観葉植物は、
ドラセナ トルネードという品種の植物です。
真上から見ると風車のようにも見えておもしろく、
光沢のある新緑の葉がとてもきれいです。
鉢も入れた高さが37cmほどと
それほど大きくなく、
インテリアとして置く場所に
困らないお手軽サイズ。

育て方は、
強い日差しが当たらない明るい場所に置き、
冬場は5℃以上の暖かい室内で育てます。

水やりは、
鉢土が乾いたらたっぷりと水をあげ、
葉が乾燥するような時には
霧吹きで葉にかけます。
冬場の水やりは少なめにするのも
ポイントの一つです。


シルクジャスミン
つややかな小さな葉っぱが可愛らしく、
どこかで見かけたことがあるような、
こちらの植物は、
シルクジャスミンという品種の観葉植物です。
夏に咲かせる小さな白い花と、
その後の赤い実も美しい植物で、
インテリアにおすすめですが、
実をつけさせるためには、
花が咲き終わった後の気温や
水やりの管理に注意が必要です。

シルクジャスミンは
その花の爽やかな香りも人気の一つで、
原産地のひとつである中国では
花の香りが遠くまで香ることから、
十里香や七里香と呼ぱれています。

また、日本でも月夜に
橘の香りに似た花を咲かせることから
和名の月橘(ゲッキツ)と
名づけられたと言われています。

育て方のポイントは、
乾燥には強いのですが、
水分が不足すると
葉が落ちてしまいますので、
暑い夏場には毎日の水やりが必要です。
春〜夏にかけては土が乾いたら
水を与える程度にします。
冬場は乾燥気味に育てるようにし、
葉を落としてしまった場合には、
春になるのを待って、枝を短くカットし、
新たな枝を伸ばすようにします。

また、
強い日当たり(直射日光)を好むので
室内で育てる場合には、
一年を通して日当たりのよい場所に
おいてください。
花を咲かせるためには
十分な日当たりが必要になります。

珍しい見た目の植物や
シンプルな植物をご紹介いたしましたが、
観葉植物は
華やかな空間を演出してくれるだけではなく、
安らぎの空間も生み出してくれるはず。
店頭には
他にもさまざまな植物がございますので、
お気に入りの植物をお部屋に置いて、
プチリフレッシュをしてはいかがでしょうか? 



当店の営業時間は、AM9:00〜20:00、
土日祝日も営業しております。

原宿駅から徒歩5分です
MAPはこちらから
http://shop.titles.tokyo/?tid=2&mode=f4 
 

コメント
コメントする








   

検索