2016
02.07

簡単、お手軽、ヴィンテージ雑貨のアレンジ術

こんにちは。

今回は、
見ている分には素敵だと思っていても
なかなかお部屋のコーディネートには
取り入れにくいと思われがちな
ヴィンテージ雑貨をご紹介いたします。


ヴィンテージ雑貨 木箱 サボテン
ただ重ねてあるだけでも
素敵なWOODボックスですが、
持ち手がついているWOODボックスは
寄せ植えの多肉植物や観葉植物、
ワインを入れたりと使い方はさまざま。

下のWOODボックスは
1940~1950年代のオランダ製のもので、
古木の色合いが良い雰囲気です。
元々は道具類のパーツを入れておくのに
使われていたもの。
キャニスターを数個入れたり、
箱を縦にしてフレームのように見立てて
何かを飾ったりとシーンを選ばず使えそう。
また、収納ボックスとしても
ステッカーやサイン、
キャスターなどを付けてオリジナルのボックスに
アレンジしても楽しそう。
アイデア次第で様々なボックスに変えるのが
楽しみの一つになりそうです。


ヴィンテージ雑貨 糸巻 壁掛けフック
ラダー型の頑丈なフックが付いた
4連の壁掛けフックは、アメリカの
アンティークモールで出会ったもの。
どんな日常着も
まるでショップディスプレイのように
素敵に見せてくれるはず。
壁掛けフックを壁につけずに
あえて吊り下げて、
糸巻や小物をかけてゆらゆら揺れるのを
眺めるゆったりした時間を過ごせそう。
もちろんハンガーにかけた洋服を
フックにかけて、
お部屋のアクセントとして
素敵な空間を演出できそうです。


ヴィンテージ雑貨 壁掛け時計
写真中央のクラシカルな文字盤に、
赤が際立つ秒針の時計は、
東海岸のコネティカット州で
1864年に創業された
「E.N. Welch Manufacturing」社製のもの。
その美しい八角形の木製のケースと
均整のとれたボディで、
壁に飾ればアートのような存在感を発する
ヴィンテージの振り子時計です。
周りにハンギングした観葉植物や
エアプランツを吊り下げれば、
さらに空間が華やかに彩られます。

振り子時計の左隣にある
ゴールドのブロックボックスは
ミッドセンチュリーテイストな、
遊び心のあるデザインの真鍮製ボックス。
蓋を開けた内側はウッドで覆われていて、
見た目以上に実用的です。
そのまま置いても
素敵なゴールドのボックスですが、
蓋を開けて何かを入れておきたくなります。

今回ご紹介したヴィンテージ雑貨の他にも、
アレンジ次第で収納術が試される商品が
他にも多数ございますので、
ぜひ店頭でご覧ください。



当店の営業時間は、AM9:00〜20:00、
土日祝日も営業しております。

原宿駅から徒歩5分です
MAP http://shop.titles.tokyo/?tid=2&mode=f4

コメント
コメントする








   

検索