2016
02.03

お手軽ガーデニングでお部屋に彩りをプラス

こんにちは。

今回は、そこにあるだけで
グッと空間が艶やかに彩られ、
気持ちが華やぐような
素敵な観葉植物についてご紹介いたします。


ヴィンテージ家具 観葉植物 クワズイモ
写真中央で
圧倒的な存在感をみせている観葉植物は、
クワズイモという種類の植物です。
まるで傘代わりに使われそうなほど
大きな葉っぱが魅力的で、
室内でも0℃〜3℃以上あれば、
冬越し可能です。
名前にイモという言葉が入っておりますが、
「根茎はデンプンを含み、
充分に晒して食べることができるが、
処理が不十分だと中毒を起こす可能性がある。」
との記載が厚生労働省のホームページ
ありますので、
あくまでも観賞用として
育てることをオススメ致します。

クワズイモを支えているチェストは、
1930年~40年代に
大学で使われていたMAP入れです。
学校の家具によく見られる、
独特な木の色味が懐かしさを感じさせます。
大きく浅めの引き出しは、
ポスターや図面だけではなく
ラッピングペーパーなどの
収納にも便利で、
広くフラットな天板は
作業テーブルとしても使えます。

右手前のチェアにかかっているブランケットは、
ポートランドでアウトドアウェアや
ブランケットなどを
作り続けている老舗メーカー
「Woolrich Woolen Mills
(ウールリッチウーレンミルズ)」のもの。
ウール100%のブランケットは、
肌触りの良さと保温性が高さ、
また優れたデザインで支持され続けています。
インテリアとして置くだけでも、
空間が鮮やかに彩られます。


観葉植物 植木鉢 オリーブ ディオオン
中央で天に向かって伸びている植物は
ディオオンというソテツ科の植物です。
左右の植物はオリーブの木で、
今は自身の葉っぱの重さに耐えられず、
すぐに倒れてしまうこともありますが、
きちんとした植木鉢に植え替えれば
より見栄えが良くなりそうです。
白い植木鉢カバーが
オリーブの木とマッチしてます。
四角い植木鉢に並べて植えても素敵です。

エアプランツ アレンジ法 テラリウム
最後は、土がないところで生きている
不思議な植物、エアプランツです。
エアプランツと一言で言っても、
様々な種類があり、
この写真の中だけでも
10種類以上写っております。
適度な霧吹きと月に1~2回ほど
数時間水に浸すことが必要で、
風通しが良いところを好みます。
葉の根元に水が溜まっている状態が続くと
根腐れを起こしてしまい、
枯れてしまいますので
霧吹きや水に浸した際には
その点の注意が必要です。
毎日霧吹きをしなくても、
すぐに植物が傷むことはございませんので
水やりのストレスもなく
お手軽に始められます。

植物を育てることに
腰が引けてしまいがちになる方も
いらっしゃるかと思いますが、
比較的手入れが簡単な植物もございますので、
ぜひこの機会にお試しください。


当店の営業時間は、AM9:00〜20:00、
土日祝日も営業しております。

原宿駅から徒歩5分です
MAP http://shop.titles.tokyo/?tid=2&mode=f4

コメント
コメントする








   

検索